アッパーウエスト別館

今回の宿はSpace46の別館 『アッパーウエスト』前記のように、ここは9月で閉鎖。
私たちが最後の宿泊客だった。



f0031200_2321564.jpg
アパートの外観や廊下は落ち着いた感じで綺麗だけど、NYの古い建物にありがちな、
白い壁に開かない窓。部屋もバスルームも狭くて、NYで120ドルならこんなものだろう
と思っていた。

ダブルベッドが一つなのでエアマットを頼んでいたが、引っ越しの準備の為、すでに処分してしまったという(おまけに、ピアノや部屋のテーブルも無くなっていた)。キッチンの食器も人数分ないし、オーナーもスタッフも日本人なのに結構アバウトだ。

f0031200_2251248.jpgf0031200_22513712.jpg









こういうバス・キッチン共同の宿は、他の滞在客しだいで居心地が変わるものだが、初めの3泊一緒だった女性には驚いた。

シャワーや洗面台の後始末はもちろん、食事の片付けもしないのだ(流しに汚れたお皿やフォークが出しっぱなし。タオルや食料も放置してチェックアウトしていった)。あと2、3日一緒にいたら、ひと言いわずにはいられなかっただろうなぁ。

次の宿泊客とは話も盛り上がり(フィラデルフィアへ行ってきた彼女と、これからテキサスへ行く私。ローカル話に花が咲いた・笑)短くも楽しい時間を分け合うことができた。
お勧めしたミュージカル『Hairspray』(MPは休演日だったし、Phantomはアンダーだと思ったのよ~qさんMさん・笑)を楽しんでいただけたようで、ホッ。。何よりも「絶対また、ミュージカルを観にNYに来ます!」って言ってもらえたのが嬉しかった。

こんな出会いもあるから、日本人経営の宿も悪くない。

Lincoln Centerまで徒歩5分という好立地。
LC付近の整然とした表の顔と、住宅街の裏の顔(ブラックの住人が多い団地を抜けて行くので、雰囲気がちょっと、と思う人もいるようだ)。昨年春から計3回、12泊したここが無くなるのはちょっと寂しい。

シングル36ドルのホテルにも泊まったことがある私は、贅沢な宿を望んではいない。
(でももう、↑Riverviewはキツイかも)よほど相性が悪くなければ “住めば都”なのだ。
もうひとつの別館 『ヘルズキッチン』にも、いつか泊まってみたいと思う。

                              *以前の写真を中心に掲載しました
f0031200_2352269.jpg
f0031200_23131928.jpg
ハドソン川を望むこの風景も見納め        (しかしこの、粗大ゴミ。。!)
[PR]
by Rie_bbfan | 2007-11-12 23:20 | NY&Texas/'07