Jan.22/NY→LAへ!!

次回の渡米まで約2週間。1月のレポが終わりそうもないので(汗)LAを先に記します。
ぶじ完成した暁には、魔法をおこして―☆☆(笑)旅順どおりに並べ換えようかな?



NY6泊で9本の舞台を観劇(うちDC2本)。ノッテきたところでLAへ!早く『Pippin』が観たい!!(=タイに会いたい・笑)と胸が騒ぎ、眠れぬままに夜が明けた。

さすがに機内では眠くなって、5時間のフライト中ほぼ爆睡。LAX到着後、寝ぼけ顔(たぶん)でLA在住のシアターゴアーIさんとご対面!小一時間、NY話に花を咲かせる。
彼女はこれから、スペインそしてイギリスへ飛ぶという(お互いに楽しもうね!)。

いつもの$1,25ルートでダウンタウンへ向かい、ホテルの最寄り駅『Metro Center/7th Street』下車。こんな夕焼けを見て、久しぶりのLAを実感!
f0031200_21274688.jpg

【5:30PM】ホテルにチェックイン後、あまり時間がないなぁと思いつつベッドで横になったら、あらら。。睡魔が。7時を廻って目覚め、慌ててタクシーでMusic Centerへ。
LAで1番好きな劇場 『Mark Taper Forum』 ここでDWTの新作が観られるなんて。。!昨年リニューアルされて、トイレの数も増え(笑)綺麗になったようだ。

f0031200_21251780.jpg【8:00PM】 『Pippin』観劇1回目

まだプレビュー8日目。平日ソワレだが、約9割の入りだ。ただし、お隣の日本人ファミリーが言うには「髪の白い人ばっかり。この劇場、大丈夫?(笑)」

幕が上がって、床から出現する“手”や“胴体切り”の大掛かりなマジックに目を奪われるが、一番の不思議はやっぱりタイだ。まず下着姿の登場にクラッ。。(いろんな意味でね・笑)♪Coner of the Sky で使われるASLは、自然や生き物の単語が多いので分かりやすいしキレイ。“Eagle Can Fly~” は確かに若々しい鷲が、大空に羽ばたいて行くようだった。

しっかり予習したはずなのに、視点がオリジナルとは違っていて戸惑うが、これぞ舞台の醍醐味!?いつの間にか物語に引き込まれていた。

♪No Time at All の場面では客席が明るくなり、観客を巻き込んでの大合唱(もちろんASL付)。タイは、私の座る上手側前面にやって来て、“一緒に歌って” と促がす。ヤバイ!今日は疲れていてボロボロだし、お土産も持ってこなかったから、出待ちは止めようと思っているのに見つかっちゃった?あ、でも嬉しいかもぉ。。(笑)。

終演後、出待ちを迷いつつホテルに直帰(だってホントにボロボロだったから。。乙女ごころなの)。一息ついて、qさんに報告メールを送る。冷静に書いたつもりだったのに、私が興奮状態(&めろめろの脱力状態)だったのはバレていたようだ。

東から西への移動日は、文字通り長い一日だ。
いつの間にか、気を失うようにベッドに吸いこまれていった ――
[PR]