カテゴリ:NY/Back to '86( 9 )

NY6日目。日曜日だったので、マチネを入れて予定を立てた。

まずは午前中、『STEPS』でタップダンスのレッスン。
このクラスはレッスンそのものよりも、まったく初心者のおじいちゃん(軽く60過ぎ)が参加していたことが印象に残っている。他のダンスの経験があるようにも見えないし、夕べ観たミュージカルに感動して“やってみようかな~”って参加したのだろうか?
そういえば他のクラスでも、“公園に散歩のついでに寄ってみた”って感じのおばちゃんも見かけたし、何かNYらしくていいな。。(笑)。

もちろん、いきなりアステアのように踊れる訳じゃないし、覚えも悪いそのおじいちゃんに、途中から講師はつきっきり(あ~あ。。)。13、4人の受講者のうちの7人が私と友人たちだったが、特に文句を言う人もいなくて、始終ほのぼのしたレッスンだった。

More
[PR]
NY5日目。『STEPS』で2レッスン受け、その合間のランチをセントラルパークで過ごした。友人に引っぱられて行ったとはいえ、初NYでこんなにアクティブ!凄い!(笑)

f0031200_113266.jpgチケットは、1クラス$7/10クラス$55

“Theatre Danceクラス”の講師には
何と、Ann Reinkingの名が!!(私の通った1週間の予定には入っていなかったけど、バケーション中?)

More
[PR]
NY4日目。当時のメモには気候までは書かれていないが、暑さに閉口した記憶はない。
8月も後半で、暑い夏だったにしても盛りは過ぎていたのだろう。1度雨に降られて安い傘を買い、すぐに壊れたが(笑)、青い空と穏やかな夏の日差しが脳裏に焼きついている。

今日からフリーなので朝ゆっくり過ごし、昼近くなってリンカーンセンターへ出かけた。
正面の広場では、『Out of Doors』のイベントでバレエが上演されていたので観覧し、終演後にはバレリーナさんと記念撮影。また、ミーシャ(Mikhail Baryshnikov)の看板前でもポーズをとってパチリ。。。思いっきりツーリストだった(笑)。

More
[PR]
この日のランチは、“現役ブロードウェイ女優との会食”でレストランへ。

『Sunday in the Park with George』のオリジナルキャストで。。。名前をメモして
おかなかったので、Celeste#1か#2の役のどちらか(Melanie Vaughan/Mary D'Arcy)としか記憶になかったが(甘かったな私・笑)、Mary D'Arcyと判明。「舞台のSinging in the Rain にも出演していた」と話していたことを思い出したのだ。

More
[PR]
NY3日目。ツアーの人達と一緒に行動するのは今日までだ。

始めにW.ビレッジにある、『HB Studio』のレッスンを聴講。
ここは、プロ・アマ含めたアクター達が演技を磨く学校で、歴史も古く有名らしい。この日に
地下の稽古場で行われていたのは、“ミュージカル・オーディション”のクラスだった。

More
[PR]
NY2日目、終日市内観光。

昨夜はホテルに戻ったのが午後11時過ぎで、それからスーツケースを開け荷物の整理。
3人が交代でシャワーを浴びて。。。一体何時に寝たのだろう?「ツアーで利用しているホテルに、朝9時集合」はけっこう辛かった。
集合場所に向かう途中、朝食を購入。またもや英語がうまく通じず、タマゴサンドで妥協する(涙)。“Frankfurter”ってメニュー、興味あったんだけどなぁ。

More
[PR]
午後4:09 ラ・ガーディア着。
ツアーバスでマンハッタンに向かうが。。。眠かった(笑)。時差ボケ初体験。
憧れのNYにやって来たというのに、バスから見た摩天楼の記憶はどうにも朧げだ。

ツアー客のホテルを経由し、私たちの滞在する安ホテル『Roger Williams』へ。
ばたばたとチェックインを済ませ、ソワレに備える。

More
[PR]
初フライト。JALのジャンボジェットでまず向かったのは、シアトル・タコマ空港だった。

機内では、有料のイヤホン($3)も借りずにひたすら眠り(またはお喋りか。。ありえる。。)座っていれば食事や飲み物が運ばれてくる環境に、エコノミーでも十分贅沢な気分だった(ステーキを前にして「これ食べていいのー?」って目を輝かせたよね!○○さん・笑)。

シアトル・タコマで乗り継ぎ、アトランタ到着は夜7時。夏時間なので明るかったはずだが、バスに乗り込む時すでに暗かったような。。。半分眠っていたかな?
シェラトンにチェックイン後、解散。ツアーのアダルトな方々と友人の数人は、ホテル内のクラブでJazzを楽しんだようだけど、私はそのまま沈没。ベッドへ直行した。

More
[PR]
“いつか行ってみたい” 漠然と考えていた場所、ブロードウェイ NewYork。 
飛行機さえ乗ったことのない私には、“遠いいつか”だった。

1986年春。ミュージカルを勉強中の私に降ってわいたその話は、恩師の同行するツアー 『ニューヨーク ミュージカル散歩8日間 』
~“風と共に去りぬ”の舞台となったアトランタと、
             ミュージカルの宝庫ニューヨークを訪ねる~
 というものだった。

More
[PR]