カテゴリ:観劇レポ(海外)( 27 )

10/2前楽はミドさん、3日の千秋楽はチュヒョンさんのラベット夫人で観賞。
2日は友人と二人で一階14、5列目センター寄りの良席でした。

f0031200_07532733.jpg
f0031200_07442998.jpg


More
[PR]
f0031200_23124036.jpg

このカンパニーはスウィニーに加えてラベット夫人、トビー、ジョアンナがWキャスト。
初日の6月21日はチョン・ミドさん、8月中旬にはオク・チュヒョンさんで観ることができました。


More
[PR]
ソウルに行き始めてから、何人もの友人に聞かれました。
韓国語がわからなくても舞台を楽しめるの?

確かに、よく知った作品も翻訳で台詞は変わるし細かいニュアンスは伝わり難い。でも少しだけ憶えたハングルがわかると楽しいんです。

「チング オレマニエ(友よ 久しぶり)」
「チャッカンマニョ クレ パリ!(ちょっと待って、そう急いで!)」


More
[PR]
f0031200_10115548.jpg
やっぱりだーい好き!なミュージカル『Sweeney Todd』

ロンドンの2012年版を観られなかった後悔が少しだけ和らいだ、今年の韓国の舞台。10月3日の千秋楽(あちらではマッコンと言う)まであと少し興奮は続きますが、頭の中が収集つかなくなっているので、思いつく限りを書き留めておきます。


More
[PR]
f0031200_1355493.jpg
『Hedwig and the Angry Inch』

弘益大 大学路アートセンター 4月13日 15:00

へドウィグは、NYに年2、3回訪れていた1990年台後半の思い出深い作品ながらも、観たのは2回だけ('03 DC/'14 NY)それなのに初ソウル行きを決めたのが、このへドウィグ目的になるなんて。。!友人達はもちろん、一番驚いたのは自分かもしれません。

初めての韓国の劇場も、ネットで情報を得ていたので問題なし。強いて言えば、ハングル知識ゼロなので、グッズ売り場でリストを見てもちんぷんかんぷん。プログラムってどれ?いくら??と困ったくらいでした。
観客は日本と同じく女子率が高いなぁ。。とか、劇場内の雰囲気はどこも同じね。。とか考えつつ二階席へ。

More
[PR]
2月の渡米レポ、1/3で止まってました(汗)。
年内に終わるか怪しいけれど、頑張ります!まずSUNSETのことから。

More
[PR]
f0031200_2318482.jpg
June 4 2010 McCarter Theatre(Princeton,NJ)

これは、空に魅せられた人々の物語。実在した3組の飛行士(Amelia Earhart/Charles Lindbergh/Wright Brothers)の話が交差し、彼らの情熱は出会う。大空で。。!

More
[PR]
f0031200_21323439.jpgMar.27&28 2010
    Signature Theatre (Arlington,VA)

久しぶりに、どっしりとした『Sweeney』を観た。

ブロードウェイのメジャーなアクターが出演している訳でもなく、特に斬新な演出でもない。でも確かな重みがあるのだ。

宣伝のポスターに“Signature's Signature Sondheim”とあったけど、ソンドハイム作品へのこだわりや自尊心を感じた。

More
[PR]
f0031200_02235100.jpgJuly 16 2009 John Golden Theatre

2003年のオープン時に観て以来、再見する機会がなく過ぎてしまった『Ave.Q』 9月にクローズすると聞いて、もう一度観てみたかった。

OBCが最高であるという“オリジナル神話”に加え、キャストによってはクオリティが落ちてしまうロングラン作品。でもこの夜の舞台は、初めからテンションが高く、客席も一体となって大騒ぎ!
(スゴクうるさいけど、もう一緒になって騒いじゃえー!笑)昨夜の『HAIR』にも負けてはいない。

More
[PR]
f0031200_1923585.jpg
July 12 2009 Paper Mill Playhouse(Millburn,NJ)

More
[PR]